チラシ印刷を依頼してからの流れ|把握した上で注文するのがおすすめ

MENU

プリントは紙も重要

フライヤー

用途に合ったインクと用紙

通常のチラシ印刷では、基本料金内で上質紙に黒一色または単色刷りが使えます。特に華美な装飾をする必要がなければ、この程度の仕様でも十分といえるでしょう。でも多くのチラシは、連絡の用途で使用するのではなく宣伝の目的で使います。宣伝用であれば、やはり派手で目立つ印刷方法を選んだ方が良い結果を出せるはずです。たとえば写真やイラストを多用する宣伝用の広告では、色や形の再現率が高いフルカラーがもっとも最適といえます。これなら原画そのままでチラシを印刷できるので、より正確に情報が伝えられます。他にも写真なしで文章が多いチラシの印刷なら、単色か多色刷りが向いています。こちらはフルカラーのような派手さはないものの、紙との組み合わせやデザイン次第でかなりハイセンスなチラシの印刷が可能です。また印刷方法に凝るなら、使用する用紙もそれに合わせて選びましょう。たかが紙一枚と侮るなかれ、使う紙ひとつで驚くほどチラシの印象が違って見えることもあります。表面にツヤがあるアート紙やコート紙は、フルカラーのチラシで一番よく使われています。発色がよくプリントの見栄えもするので、カラーを多用する印刷物にはぴったりです。これ以外にも単色や多色刷りの印刷には、カラーのついた紙を使うと仕上がりが全然違ってみえます。さらに特殊紙ならおしゃれな印象もプラスされるため、チラシのイメージアップにも一役買ってくれるでしょう。そのうえで厚手の紙を選べば、インクの裏移りもしませんので両面印刷も可能です。両面にすればプリント代を節約しつつ、チラシに載せられる情報量を二倍にできるのでお得といえます。この使えるインクや用紙については、各業者によって違う場合もあります。まずは利用したい業者に問い合わせて、在庫を確認してみるべきでしょう。

オススメ記事

インク

良質なサービスへの依頼

チラシデザインの作成と印刷は一カ所に依頼できます。インターネットを活用して長く付き合える業者選びに取り組むと良いでしょう。見積もりに納得して契約後にスタートとなります。ターゲットや目的を明確にしておくことがポイントです。校了直前でも修正が可能で、入金後に印刷と納品が行われます。

詳しく見る

フライヤー

プリントは紙も重要

印刷次第でチラシの印象もずいぶん変わります。たとえば写真が多い物はフルカラーを使えば再現率が高い物ができますし、単色や多色刷りでもデザインや用紙しだいでかなりセンスのいい物が仕上がります。また紙の厚さしだいでは両面印刷も可能です。こちらは印刷代を節約しつつ情報が二倍載せられるのでそれだけお得です。

詳しく見る

印刷機

品質の良さ

神奈川県は印刷業者が多く、特にオフセット印刷に力を入れており美しいクオリティで短納期に向いているというメリットがあります。刷版に付いたインクを転写ローラーに移し転写する方法で用紙に直接触れないため美しい商品ができます。

詳しく見る

Copyright© 2017 チラシ印刷を依頼してからの流れ|把握した上で注文するのがおすすめ All Rights Reserved.