チラシ印刷を依頼してからの流れ|把握した上で注文するのがおすすめ

MENU

低コストで送れるDM

印刷機

豊富な情報をハガキ料金で

官公署から届く各種の通知文の中に、時折ハガキでありながら四隅のうちの一隅から紙をめくると左右、あるいは蛇腹状に開くことのできる郵便物が届くことがあります。このようなハガキを、圧着ハガキといいます。圧着ハガキは、冒頭の例のように通信内容を人に見られないようにする際に用いられます。また、紙面が2倍、3倍に広がることから、通常のハガキよりもたくさんの内容を記載することができます。それでいてあくまでもハガキ扱いであるため、封書よりも割安な郵便料金で送れます。圧着ハガキは、民間企業や店舗などでも非常に重宝します。会員制サービスなどで人のプライバシーに関わる情報を通知する場合、あるいは通常のハガキよりも内容豊富なダイレクトメールを送付する場合などに使えます。圧着ハガキの制作を請け負っている印刷業者は数多く、インターネットで注文を受け付けている業者も少なくありません。枚数や色数などを指定し、デザイン原稿を送るだけで全国からの注文に対応しています。数ある業者の中からどこを選んだらいいのかというポイントはいくつかありますが、重要なのは納期と料金です。納期は枚数にもよりますが、おおよそ5〜8営業日というのが平均的なところです。ただしオプションでさらに早い納品が可能なケースもあるので、急ぎの場合は確認しておくようにします。料金については1枚当たり50〜60円が相場ですが、特殊な色を使ったりすると変わってきます。また、発送代行も手がけている業者に依頼するなら、発送手数料も含めた料金のチェックが必要になります。

オススメ記事

インク

良質なサービスへの依頼

チラシデザインの作成と印刷は一カ所に依頼できます。インターネットを活用して長く付き合える業者選びに取り組むと良いでしょう。見積もりに納得して契約後にスタートとなります。ターゲットや目的を明確にしておくことがポイントです。校了直前でも修正が可能で、入金後に印刷と納品が行われます。

詳しく見る

フライヤー

プリントは紙も重要

印刷次第でチラシの印象もずいぶん変わります。たとえば写真が多い物はフルカラーを使えば再現率が高い物ができますし、単色や多色刷りでもデザインや用紙しだいでかなりセンスのいい物が仕上がります。また紙の厚さしだいでは両面印刷も可能です。こちらは印刷代を節約しつつ情報が二倍載せられるのでそれだけお得です。

詳しく見る

印刷機

品質の良さ

神奈川県は印刷業者が多く、特にオフセット印刷に力を入れており美しいクオリティで短納期に向いているというメリットがあります。刷版に付いたインクを転写ローラーに移し転写する方法で用紙に直接触れないため美しい商品ができます。

詳しく見る

Copyright© 2017 チラシ印刷を依頼してからの流れ|把握した上で注文するのがおすすめ All Rights Reserved.